鑑定メニュー
 
コンテンツメニュー
 
お知らせ
 
携帯からもアクセス頂けます!

携帯からのご予約も可能!
 
、大垣中日文化センター
ホーム >  幸峰コラム  >  春日大社  旬祭参拝
春日大社  旬祭参拝
6月21日 日曜日

稲光する土砂降りの雨をおして、奈良春日大社に出かけました。

春日大社は、来年11月の正遷宮にむけて、式年造替の真っただ中です。本殿から仮御殿に神様がお移り中なので、6月30日まで本殿特別参拝させていただけます。(普段、天皇陛下のお遣いの方と、宮司さんしか入れない所にいれていただけます。)

娘と6月初旬に訪れたのですが、主人ともその感動を共有したくて朝一番出かけました。おまけにその日は、旬祭。
春日さんでは、毎月朔日、11日、21日に旬祭という式典が斎行されるのですが、21日の旬祭は、一般の人でも参加させていただけます。

9時30分 受付
10時  旬祭参列  普段見ることのできない儀式の数々を拝します。式典中、降っていた雨が上がり、日の光が仮殿に差し込みます。深々と頭を下げ、祭主様の祝詞を聞いているうちに、とても穏やかで、一時、眠りに落ちました。
伊勢のお神楽の時と一緒です。心の奥深くまで、清められるとき、体は休ませられると聞いていたのでなすがまま。

祝詞が終わると、我に返ります。春日さんならではの巫女さんの舞。大祓詞奏上。玉串奉奠で、共に拝礼させていただき、式典は終了です。静謐な気の中で、全身全霊が澄み清められ、神様から授かった元の氣に返していただいたと感じます。
式典後、神官さんの説明付きで、本殿の特別参拝させていただきました。

11時30分 感謝・共生館で藤岡権禰宜さんの講話。大祓詞の意味をおしえていただきました。

12時30分 直会(なおらい‥神様と共にお供えをいただく行事)お下がりの米を使った神米粥をいただきました。

毎月、異なった粥が出るそうで、6月は赤米の入った粥でトッピングは小豆でした。

食事をいただく前に、こんな言葉でお祈りをしていただきました。

食前感謝
(正座、一拝、一拍手)

たなつもの ももの木草も 天照 日の大神の 恵みえてこそ  (いただきます)

食後感謝
(正座、一拝、一拍手)

あさよいに もの食うごとに 豊受の 神の恵みを思え 世の人  (御馳走様でした)


とても美味しいお粥でした。食べものに感謝していただく心を改めて教えていただきました。

話は余談ですが、感謝・共生館の手水舎が、あまりにも美しくて写真に撮りました。現代的斬新な手水舎でした。



また機会をつくって、旬祭参加したいです。ありがとうございました。

前
上橋菜穂子さんの「鹿の王」を読んで
カテゴリートップ
幸峰コラム
次
野菜作りから
トップへ戻る
ホームへ戻る
〒〒503-2114
岐阜県不破郡垂井町府中1441番地
TEL 0584-22-1017 FAX 0584-22-0559
会社概要特定商取引に基づく表記アクセスマップ



Copyright © 2012-2016 yahiro816.jp All Rights Reserved.
Powered by XOOPS HD1.04
管理者ログイン