鑑定メニュー
 
コンテンツメニュー
 
お知らせ
 
携帯からもアクセス頂けます!

携帯からのご予約も可能!
 
、大垣中日文化センター
ホーム >  幸峰コラム  >  朝の太陽に包まれる・・・・
朝の太陽に包まれる・・・・
十月十日と描いて、朝という字になります。
私たちは、毎朝新しく生まれ変わって起床します。

私は、毎朝五時に起きます。
まず、窓を開け、朝の散歩ができる天気であるか確認します。
(私は、首にヘルニアが三つもあります。首の悪い人は、実は天気に敏感です。雨が降っていると、とても体が重く、時には起き上がれない事もあります。すっと起きられる日は、良い天気でもある証拠でもあります。)

身支度を整え、神棚にお給士をしお参りをすると、朝のウォーキング開始です。
体力づくりも目的の一つですが、私の一番の楽しみは日の出を拝み、太陽の光の中に自分の身を置くことです。

朝の太陽は、赤く美しいです。
そして、とても大きく、一日のうちで一番穏やかな輝きです。
日の出から十分そこそこが直視することが許されるひと時になります。

五行説において、朝は木の時間帯。(三碧木星)
始まりの気が強く、新しいチャンスのもとで、自分を発展成長させていく気に満ちています。
品格ある神々しい光が、内なる心のけがれを浄化して、向上するパワーを与えて下さるのです。


雨の日も曇りの日も雪の日もあります。
私の一生で、あと何度、こんな美しい太陽を見せてもらえるのかしらと思いながら、美しい太陽の光に包まれる喜びを感じています。

カテゴリートップ
幸峰コラム
次
まだまだ発展途上な人間です。
トップへ戻る
ホームへ戻る
〒〒503-2114
岐阜県不破郡垂井町府中1441番地
TEL 0584-22-1017 FAX 0584-22-0559
会社概要特定商取引に基づく表記アクセスマップ



Copyright © 2012-2016 yahiro816.jp All Rights Reserved.
Powered by XOOPS HD1.04
管理者ログイン